生活保護でも即日融資は受けられる?

生活保護の受給者は受給額が多いとは言えないため、大きな買い物をしたいときなどに即日融資を利用したくなる状況もありますが、銀行や大手の消費者金融では、生活保護を受給していることが分かっていると即日融資を受けることができません。
生活保護費は収入とはみなされないため、他に収入がない場合は総量規制の制限によって消費者金融では即日融資を受けられません。仕事をしながら生活保護を受給している人もいますが、この場合も即日融資はできません。収入はあるのですが、生活保護費は借金の返済に充てることを禁止されています。また、そもそも生活保護を受けているということは経済状況が悪く、返済能力が不足しているため、カードローンなどに申し込んでも審査に通りません。
中小の消費者金融は利用できる可能性がありますが、この場合は注意点があります。まず、正規の消費者金融ではなく、闇金融が即日融資可能として利用者を集めようとしていることがあるので、これに騙されてしまうと高い金利で融資を受けるため、生活が苦しくなります。また、ケースワーカーに融資を受けていることを知られたときにもペナルティを受ける危険性があります。生活保護を受給しながら仕事で収入を得ていても、保護費を借金の返済に充てていると判断されることがあり、不正受給として保護費の返還、受給停止などになることがあります。そのため、お金に困っても即日融資を利用しようとせずに、ケースワーカーに相談に乗ってもらうのが適切です。